I. 出願について:

本学の大学院プログラムに出願する資格を有するのは、学士号、修士号もしくは同等の学位を取得している、または入学日より前にその取得が見込まれる者です。

一次書類審査と面接のマッチング目的でご自身が興味のあるユニットの研究指導教員を出願サイト上で選択する必要がありますが、本学では学生は全員在学中、研究科に所属し、1年次の課程終了前に論文指導を受ける研究ユニットを選択するため、出願時に所属ユニットもしくは研究指導教員の確定をしているわけではありません。特に最初の2年間に広範囲にわたるトレーニングを受けながら、個々の研究課題に対する様々なアプローチを見いだすことができますので、その過程で全く新しい分野に興味を持ち大きく方向転換する学生も珍しくありません。博士論文研究は、2年次の終わりまでに研究計画書の口頭試問に合格した後、開始することができます。

OISTへの入学は世界中の主要大学の大学院プログラムと同様の選考基準を設けています。入学選考には、大学の成績証明書および在学証明書、志望動機書、指導教官等からの推薦状、過去2年以内に取得したGRE (Graduate Record Examinations) のスコア等の学力を証明する書類、著書・論文等の名称、概要、口頭発表を記した補足資料、その他業績の証明書類等のすべてが考慮されます。選考の過程で選抜された学生は後に開催されるアドミッション・ワークショップで4人の教員との面接が実施され、それらの結果がさらに考慮されます。各候補者における最終選考にはこれらすべての要素が考慮されます。

 

II. OIST インターネット出願について:

英語で学位を取得した学生は、その事実を証明する書類を提出することにより、TOEFL(またはIELTS)のスコアの提出が免除されます。

TOEFLやIELTSを締切までに受験することが出来ない場合は、以下の手順をとってください。

  1. 直近のTOEFL(または IELTS)の受験登録を行います。
  2. Wordファイルに下記の情報を英語で記載します。
    • テスト受験予定日
    • スコア送付予定日
    • 「スコアが発表され次第、メール(admissions@oist.jp)にてコピーを送付します。」という英語の覚書
  3. 上記のWordをPDFに変換します。
  4. Academic BackgroundのOther Evidence of Abilityの欄に、テスト結果の代わりに上記のPDFを添付します。
  5. テスト結果が発表され次第、スコアをスキャンしたものをadmissions@oist.jpに送信します。

海外に在住される外国籍の方で、現在有効なパスポートがない場合には同等の政府機関発行の身分証明書を代わりにアップロードできます。ただし、一次審査を合格し、沖縄で開催されるアドミッション・ワークショップに招待された際にはビザ申請・航空券手配のために有効なパスポートの写しをご提出いただく必要があります。また、現在日本在住でパスポートをお持ちでない日本国籍の方は、出願時にパスポートは不要ですが、入学後に海外で行われる研修に参加する可能性もありますので、入学までに取得ください。出願時は写真付きの公的な身分証明書(運転免許証や学生証など)を代わりに提出ください。

推薦状の提出期限は出願締切日と同日です。事前に推薦者と連絡をとり、締切日について知らせて下さい。

はい、準備ができたらいつでも願書を提出できます。インターネット出願システムは、締め切りまで推薦状の提出を受け付けることができます。

推薦者を招待した後、アカウントにログインすることにより招待の状況を確認できます。招待状の状況は Sent(招待済み)、In Progress(作成中)、Submitted(提出済み)で確認することができます。また、招待状を再送信することもできます。 推薦者のメール設定により、出願システムから送信された招待状がスパムメールまたは迷惑メールに分類さてしまう場合があります。推薦者のメール受信トレイから招待メールが確認できない場合には、スパムメールや迷惑メールとして仕分けられていないか一度ご確認いただくよう推薦者にご依頼ください。

一度提出した願書は、編集することも、ご自分で取り下げることもできません。どうしても願書を変更する必要がありましたら、願書のステータスを “In Progress”に戻すようadmissions@oist.jp 宛にメールをしてください。ただし、変更を反映させるためには、締切日までに必ず願書を Submit(再提出)していただくようお願いいたします。再提出の際は、再度変更をかける必要がないように、願書を十分に確認した上で提出してください。

応募の時点では書類の原本を提出する必要はありません。OISTはインターネットによる出願システムを使用しているため、該当文書をスキャンし、本学のインターネット出願サイトにアップロードする必要があります。合格した際にはビザ申請と登録プロセスのために一部書類の原本が必要とされますが、段階に応じて指示が通知されます。

 

III. 結果通知:

一次書類審査に関しては、それぞれの締め切りから、およそ4~5週間後に、出願の際に登録された個人メール宛に結果通知がされます。また、アドミッション・ワークショップ後の最終合否に関しては、面接終了後約3週間を目安に出願システムにて通知がされます。

本学の方針では、個々の候補者に入学決定についての説明は致しかねます。提出された資料の評価は、本学大学院固有の一連の基準に基づいて行われました。したがって、本学での不合格通知が他の機関への申し込みの妨げとならぬよう、各大学それぞれの要件と目標に基づいて学生を選出させていただいています。

前年度不合格でも、再審査に値する出願書類を準備できる場合、次年度に再度出願することができます。

 

IV. OIST入学について:

本学は5年一貫制の博士課程を設置していますが、修士号をもつ学生は、開始時のレベルや研究の進捗状況により、5年かからず3年から4年程度で卒業することも可能です。本学の博士号は優秀な論文を提出した学生に与えられます。優秀な論文とは、独自に発見した知識が示され、発表に値する研究成果です。在学期間を満たせば博士号が授与されるわけではありません。

OIST博士課程プログラムに入学されている学生は全員、十分な研究助成費を与えられますので、アルバイトをすることはできません。研究助成費は学生が研究に集中できるよう、沖縄での快適な暮らしを保証するものです。

 

V. その他:

『大使館推薦による国費外国人留学生』の選考プロセスはOISTのものと一致しないため、国費外国人留学生として合格されても、OISTに入学はできません。OISTへ入学を希望する場合は、日本政府のプロセスを通さず、OISTのサイトから直接出願ください。『大使館推薦による国費外国人留学生』の試験とOISTの入試を平行して受験することは可能です。

OISTでは国籍に関係なく、入学した学生全員に対して授業料相当額及び快適に暮らすのに十分な額を支給しています。そのため、出願時に奨学金等を取得する必要はありません。