OISTのキャンパスはユニークな意匠の建築です。亜熱帯の楽園に200ヘクタールの敷地を確保し建設されたこの大学院は、計画当初から、優れた研究と教育活動の実現のために最高の環境を提供することを意図して設計されました。キャンパスを外から見ると、空に架かるスカイウォーク、きらめく湖沼、美しい森を見下ろす城壁のような沖縄の伝統文化を継承した石壁とともに、伝統的な沖縄城郭を未来的な意匠で再表現していることがわかります。