Maki Thomas Kohata

甲畑 真紀

甲畑 真紀はOIST博士課程1年目 です。東京出身で、大学は沖縄の琉球大学に行きました。3年間、沖縄で勉強した後、渡米し、1年間ジャーナリズムを主としたコミュニケーション学を専攻しました。その後、ボストンのマサチューセッツ大学に移り、環境学を専攻している際に、初めてOISTのことを知りました。

「水を扱うことが単純に好きなのです。いつも水の作用に興味を持っていました」と甲畑は言います。彼女のこうした探究心と「水好き」が高じて現在、流体力学を研究しています。OISTで一番何を楽しんでいるか尋ねたところ、彼女は次の2つを強調しました。1つ目はワークショップの数が多く、多様であることで、機会があれば必ず参加しているそうです。2つ目は毎日個性豊かな人々と一緒に研究できることで、とくにこの2つ目が大変おもしろいとのことです。

「私の教授は他の分野の人と研究することに対してとてもオープンです。教授の専門は主に物理学ですが、研究室で一緒の研究者は生物学を専攻していた人たちです」。さらに続けて、「私の研究対象は水文学で、これは物理学や工学に近い分野ですが、直接の研究指導教員は生物学専門で……。こういった環境は、今後取り組んでみたい研究について学ぶユニークなまたとないチャンスです。」

2014年秋