沖縄科学技術大学院大学にリサーチインターンとして在籍している間、学生は博士課程に直接出願する機会があります。
このプロセスでは、通常年2回行われている博士課程出願の応募締め切りを待つことなく出願ができます。インターンシップ中に取得した知識に加えて、学生はすでに慣れ親しんでいるユニットで沖縄科学技術大学院大学の博士課程へ進学することができます。

出願資格:
 

  • インターンシップ期間が2ヵ月から6ヵ月間であること。
  • 博士課程出願の基本的な要件を満たしていること。
  • パスウェイの選考プロセスはインターンシップ終了の少なくとも1ヵ月前に開始する必要がある。

ヒント:もしインターンシップの期間が4ヵ月以上あれば、博士課程1年目で必須であるラボローテーション(ラボ=研究ユニット)の3箇所のうち1箇所としてカウントされる可能性があります。 可能であれば4ヵ月以上のインターンシップへの参加をご検討ください。

博士課程パスウェイ選考プロセス:
 

  • インターン生が所属しているユニットの研究指導教員がインターン生を博士課程パスウェイに推薦する(Nomination)
  • インターン生は、応募サイトから必要書類をオンラインにて提出する。(英語のみ。必要書類は通常の博士課程出願と同様。ただし推薦状の一通はOISTで所属しているユニットの研究指導教員であること)応募書類の提出期限はインターンシップ期間終了の1ヵ月前までとする。
  • インターン生は面接前に、在籍・出身校へ在籍・卒業確認をOISTへ通知するよう依頼する。
  • 教授、入試委員会、大学院大学委員会メンバーと面接を実施。
  • 合否通知

在学中のリサーチインターンはこちらで詳細をご確認ください。