アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー

本大学院大学は、世界トップレベルの研究機関で形成される国際的な科学コミュニティで活躍できる研究者を育成することを目的としています。そのため、アドミッション・ポリシーとして、国際的な科学研究の世界で指導的役割を担える可能性と意欲を持つ学生を獲得することを目指しています。

学生の募集及び選考は国内外の優秀な学生を啓蒙、獲得することに主眼を置いています。ここにおける「優秀な学生」とは、OISTで実現できる最先端の研究の可能性に心躍らせ、研究意欲を掻き立てられる学生、専攻分野で抜きん出る為に必要な好奇心と学究力を備えている学生、及び独自の研究及び独創的思考ができる素質を持った学生を指します。学生には、科学分野で高等教育を受け、先端研究を行うために必要な英語コミュニケーション能力および論文執筆能力、そして様々な背景を持った人々と円滑に交流する能力が求められています。

募集対象は理学士号または同等の学位を本学入学時までに取得見込みの学生、並びに理学の学士号、修士号保持者です。理工系学位、及び他の分野の学位保持者も対象としており、学校教育法に基づく大学院入学要件を満たしていることとします。修士号保有者は、研究科長の承認のうえ、履修科目の一部を免除される場合があります。学生は五年一貫の博士課程に入学します。

三つのポリシー