学長の挨拶

 沖縄科学技術大学院大学(OIST)の創設理念の一つは、日本、ひいては世界の科学技術の発展に寄与することです。この理念の達成に欠かせないのが学生であるとわれわれは確信しています。世界中から優秀な学生を集め、各々の個性や能力を開花できる教育・研究環境を提供することはOISTの重要な使命の一つです。本学の未来は学生の活躍にかかっているといえます。

 OISTでは、学際性と共同研究を重視した博士課程を提供しています。学生はこの課程を通じて、高い専門性を有する教員らによるさまざまな分野の研究に携わります。また、多様な研究活動を支える最先端の研究設備と機器を備えた研究室で世界トップクラスの教員たちと肩を並べて研究をおこなう機会が与えられます。

 さまざまな国や地域、研究分野からOISTに集う研究者の多様性は、学生の独創性と自主性を効果的に育むのに最適な環境を作りだします。本学の学生および教職員のおよそ半数以上が海外出身者です。沖縄は日本本土や韓国、台湾、フィリピンといった他のアジア諸国とほぼ等距離に位置するという地理的な優位性があり、OISTが今後世界レベルの科学者が集う国際ネットワークの拠点として発展していく可能性が急速に高まっています。このことは、OISTがすでに世界各国の一流大学や研究機関と緊密に連携しているという実績からも明らかです。

 本学では、世界的に見ても充実した奨学金給付制度やキャンパス内にある学生向け宿舎などを提供しています。また、学生の受け入れを少人数に設定することで、各分野の選び抜かれた最も優秀な学生が新たな科学的知見とイノベーション創出を促進する環境のなかで自らの能力を最大限発揮できる体制が整っています。

 皆さんにお目にかかるのを楽しみにしています。

沖縄科学技術大学院大学学長 ピーター・グルース

Peter Gruss, President, OIST