よくあるご質問

1. まだTOEFL(またはIELTS)を受験していません。

TOEFLやIELTSを締切までに受験することが出来ない場合は、以下の手順をとってください。

  1. 直近のTOEFL (または IELTS) の受験登録を行います。
  2. Wordファイルに下記の情報を英語で記載します。
    • テスト受験予定日
    • スコア送付予定日
    • “スコアが発表され次第、メール(admissions@oist.jp)にてコピーを送付します。また、ETS/IELTSからもOISTへ結果が送付されます。”という英語の覚書
  3. 上記のWordをPDFに変換します。
  4. システム上、ファイル添付が必須であるため、テスト結果の代わりに上記のPDFを添付します。
  5. テスト結果が発表され次第、スコアをスキャンしたものをadmissions@oist.jpに送信します。
  6. スコアがETS (またはIELTS)から直接OISTに届くように手続きを行います。

2. 受験資格は何ですか?

本学の大学院プログラムに出願する資格を有するのは、理学士号(BSc)、理学修士号(MSc)もしくは同等の学位を取得している、または入学日より前にその取得が見込まれる者です。

3. すでに修士号をもっています。どのくらいの期間で卒業できますか?

修士号をもつ学生は、 5年以内に卒業することが可能です。本学の博士号は優秀な論文を提出した者に与えられます。優秀な論文とは、独自に発見した知識が示された発表に値する研究成果であり、開始時のレベルにより、3年または4年でプログラムを修了することが可能です。在学期間を満たせば博士号が授与されるわけではありません。

4. 推薦書の提出期限はいつですか?

推薦書の提出期限は出願締切日と同日です。事前に推薦者と連絡をとり、締切日について知らせて下さい。

5. 今年度、OIST大学院プログラムに出願しましたが不合格でした。再度出願できますか?

前年度不合格でも、再審査に値する出願書類を準備できる場合、、次年度に再度出願することができます。

6. 出願時に指導教員を選択する必要がありますか?

本学では、学生は博士課程のプログラムに組み入れられるため、入学時に特定のラボ(研究ユニット)に配属されることはありません。最初の2年間に広範囲にわたるトレーニングを受けながら、個々の研究課題に対する様々なアプローチを見いだすことができます。その過程で全く新しい研究課題に興味を持ち大きく方向転換する学生も珍しくありません。学生は1年次の終わりに論文指導をうけるラボ(研究ユニット)を選択します。博士論文研究は、2年次の終わりまでに研究計画書の口頭試問に合格した後、開始することができます。

7. 大学の学位を英語で取得しましたが、TOEFL(またはIELTS)のスコアを提出しなければなりませんか?

英語で学位を取得した学生は、その事実を証明する書類を提出することにより、TOEFL(またはIELTS)のスコアの提出が免除されます。

8. OIST 博士課程受験の難易度を教えて下さい。

本学の合格基準は、世界トップクラスの教育機関博士課程の難易度に匹敵するものです。書類選考は、在学中の成績証明書、出願者の志望理由書、推薦書、GREなどの学力を証明する書類、そのた補足資料(著書、論文、口頭発表などを証明する書類等)を考慮した上で行われます。書類選考通過者は、本学にて開催されるワークショップに招待され、複数の教員との詳細な面接試験が行われます。上記の選考プロセスを経て、最終的に合格者が決定されます。